2016年11月30日 更新

「和麦で作ったパスタ」ってどんな味?一般的なパスタと食べ比べてみました!

「パスタ」と言えば、輸入小麦を使った製品が一般的。ですが最近では和麦の品種を使った国産パスタも販売されているんです♪気になるのはその味や食感の違い!ということで今回は、一般的な輸入小麦のパスタと「和麦パスタ」を実際に食べ比べてみました。

117 view お気に入り 0

一般的なパスタと、「和麦」を使ったパスタを食べ比べ!

こんにちは!kitchenlife事務局です。

みなさんは、国産小麦=和麦を使った製品というと、どんなものを思いつきますか?

その土地で収穫した和麦を使って加工する地粉うどんや手延べそうめんなどは昔から根強い人気がありますよね。
また、パンも「国産小麦100%使用」という商品がお店やスーパーで気軽に購入できるようになってきました。
 (765)

最近ではそれらに加え「和麦で作ったパスタ」も販売されているんです。

パスタと言えば輸入商品というイメージが強いですが、和麦で作ったパスタはどんな味・食感なのでしょうか?
そこで今回は、一般的なパスタと「和麦」のパスタを実際に食べ比べてみました!

今回取り寄せたのはこちらの「和麦パスタ」

 (768)

今回お取り寄せした「和麦パスタ」は、北海道産超強力小麦「ゆめちから」を100%使用した「ユメチカラパスタ」の1.6mm。
 (770)

裏面はゆで方と原材料が表記されています。
標準ゆで時間は5分。1.6mmパスタに比べると若干短い印象ですね。

また、裏面の一番上には「パスタは「塩」を入れずにゆでてください。」の一文があります。
普通パスタをゆでる時は塩を入れますが…?


原材料を見てみると、「ゆめちから」のほかに食塩や卵黄粉、卵白粉が入っています。
なるほど~、ではうどんやそうめんと同じようにそのままゆでればいいんですね。

※すべての和麦パスタに塩が入っているわけではないようなので、
他の和麦パスタをゆでる際はパッケージの表記に従ってくださいね。

そもそも、「ゆめちから」ってどんな和麦?

Free photo: Cereals, Wheat, Agriculture - Free Image on Pixabay - 228726 (773)

北海道で生まれた和麦品種「ゆめちから」は、小麦のたんぱく質成分であるグルテンを多く含む超強力小麦。
もともと強力小麦はグルテンを多く含みますが、製粉された「ゆめちから」はとても弾力の強いグルテンを作り出すことができるため超強力小麦と呼ばれています。

そのため、パンにするとふんわりもっちり、パスタするとプリプリ、もちもち感が楽しめるのだそう。

さあ、中を開けてみましょう!

 (776)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife