2017年3月1日 更新

知らなかった!日本全国おもしろ”和麦ネーミング”6選

日本で収穫される小麦の種類が増えるにつれ、パン屋やうどん店でもよく見かけるようになった”和麦の品種名”。今後は「コシヒカリ」や「あきたこまち」などお米と同じように、品種で小麦粉を選ぶことが普通になるかもしれませんね。そこで今回は、ちょっと変わったご当地和麦のおもしろいネーミングをご紹介したいと思います。

169 view お気に入り 0
こんにちは、KitchenLife事務局です!

つい最近まで、お店では「薄力粉」「強力粉」など、目的別で表記された商品しかなかった小麦粉。
ですがここ数年で「コシヒカリ」「あきたこまち」といったお米と同じように、国産小麦粉も「ゆめちから」や「春よ恋」と、品種別で棚に並べるお店もだんだん増えてきましたね。

今では育成開発の成果によりさらに多くの和麦品種が生まれていますが、なかにはちょっと変わったネーミングの和麦もあるんです。
今回は日本各地で栽培されている”おもしろ和麦”をご紹介したいと思います。

ラーメンのための小麦! 福岡生まれの【ラー麦】

ラーメンのために開発された小麦、だから「ラー麦」。
分かりやすくシンプルなこのネーミングは、北海道に次ぐ小麦生産量を誇る福岡県が新たに品種開発した小麦の名称です。
 (1272)

福岡県は「替え玉」や「バリカタ」など、独自のラーメン文化が根付く土地。
ですが実際にラーメンに使われていた小麦は、外国産のものがほとんどでした。
うどん用小麦の栽培がメインだった福岡県ですが、「福岡の小麦で福岡のラーメンを作ろう!」と、ラーメンに関わる関係各所が一丸となって開発・育成に取り組んだのがこの「ラー麦」なのです。

福岡のストレートな細麺に合うよう、コシが強くゆで伸びしにくい、また色が明るく美しいなどの特長を持つラー麦。
実際に使っている福岡市内のラーメン店からの評判も良いのだとか。

ちなみにこのネーミングは、平成20年9月に行われた一般公募1600点の中から”覚えやすい、響きがよく親しみやすい”という理由で選ばれました。

こちらのロゴも「ラー麦」を‘麺’に似せて1字で表しており、とっても分かりやすいですよね!

岡山県産和麦! うどん用【ぼっけぇー粉】・製菓用【でぇーれぇー粉】

 (1276)

日照時間が長く、雨量が少ない気候である”晴れの国おかやま”では、古くから小麦栽培が盛んだったのだそう。
製造元である岡山県の小田象製粉では、「岡山の小麦のおいしさを知ってほしい」と、平成20年に岡山県産小麦100%の業務用うどん小麦粉「ぼっけぇー粉」を発売しました。

”ものすごい”という意味の岡山弁を意味する「ぼっけぇー粉」は、地元を表現するのにぴったりのネーミングですよね!
地産地消を見直す動きもあり、とても好評だったため、2年後には第2弾の地粉「でぇーれぇー粉」を発売する運びとなりました。
 (1275)

岡山弁で「すごく」「とても」を意味する「でぇーれぇー」。
「ぼっけぇー」と同じ意味合いではありますが、地元の方によると多少ニュアンスが違うのだとか。

同じく岡山県産小麦100%の「でぇーれぇー粉」は、製菓用の薄力粉。
粉合わせしやすく、火通りや色づきもしっかりと付くため、とても作業性が良いのだそうです。

九州産小麦およそ9品種をシリーズ化! 【九州粉(くすっこ)】 

 (1279)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コツがわかれば"鍋炊き"でも簡単!近茶流・柳原尚之さんに聞く「世界一美味しいご飯の炊き方」

コツがわかれば"鍋炊き"でも簡単!近茶流・柳原尚之さんに聞く「世界一美味しいご飯の炊き方」

青春出版社×チェリーテラス・代官山とのコラボイベント!書籍「世界一美味しいご飯の炊き方」をもとに、著者・柳原尚之さんが"鍋炊き"の極意をレクチャーする、1日限定の料理教室が開催されました。白いご飯に合う秋の料理の試食もあり♪詳しくレポートいたします!
田窪 綾 | 224 view
掲載料理の試食もあり!『料理レシピ本大賞in Japan 2018』授賞式レポート【後編】

掲載料理の試食もあり!『料理レシピ本大賞in Japan 2018』授賞式レポート【後編】

受賞を果たした著者・担当者が壇上でスピーチする同賞。入賞者それぞれの想いを聴いた後は、【ジャンル賞】そして【料理】【お菓子】部門の大賞発表となります!掲載レシピの料理を実際に試食できる機会もあり。天野さんの食べた感想は⁉
田窪 綾 | 342 view
今年は” 寄り添うレシピ本”が多数!『料理レシピ本大賞in Japan 2018』授賞式レポート【前編】

今年は” 寄り添うレシピ本”が多数!『料理レシピ本大賞in Japan 2018』授賞式レポート【前編】

9月13日(木)、東京ドームホテルにて第5回となる『料理レシピ本大賞in Japan 2018』の授賞式が開催されました。今年は69の出版社から138のエントリーがあり、大賞以下12作品が受賞されています。今回は授賞式ならびに、その後の立食パーティーでいただけるレシピ本の料理などをお伝えしていきます!
田窪 綾 | 86 view
築地” 場外”市場の魅力をもっと知ろう! Kitchenlife×築地食のまちづくり協議会 特別講習会レポート

築地” 場外”市場の魅力をもっと知ろう! Kitchenlife×築地食のまちづくり協議会 特別講習会レポート

2018年10月11日、長年親しまれてきた築地市場がいよいよ豊洲新市場へ移転しますが、「築地場外市場」はこの地に残り各店は変わらず営業を続けます。そこで、「これを機会に”場外”の魅力をもっと知ってもらおう」と料理教室の先生方を対象にした特別講習会が、9月6日東京「Tsukiji Cooking Studio」で開催されました。世界文化遺産に認められた「和食」と「築地」の関係や築地場内外に店を構える仲卸青果さんからのお話など、現場で働くプロたちをお呼びしての機会です。今回はそのセミナーの様子をリポートいたします。
KitchenLife | 186 view
日本の知られざる“ローカル”を体験&体感できるイベントが成田空港で初開催!

日本の知られざる“ローカル”を体験&体感できるイベントが成田空港で初開催!

2018年7月25(水)~29日の5日間、成田国際空港にて「全国食旅フェア」が開催されました。 成田空港では初となるイベント。海外からの観光客が最も興味を持っている「日本のローカルの魅力」を大々的にアピールする絶好の機会です。今回はそのイベントの様子に密着しました。
KitchenLife | 147 view

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife