2017年3月31日 更新

行列のできる人気店「セントル ザ・ベーカリー」で、食パン3種類を食べ比べ!

東京・銀座で行列の絶えない人気の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」。こちらに隣接するカフェで、お店の食パン3種類の食べ比べができると知り、いざ取材へ!並ばずにカフェ利用ができる時間帯もこっそり店員さんに聞いてきちゃいました♪

1,028 view お気に入り 0
さあ、到着しました!
3種類の食パンは下の説明書きと同じ順で並べられています。

左:「国産小麦粉ゆめちから・きたほなみを使用した角食パン【JP】」
真ん中:「北米産強力粉使用プルマンブレッド【NA】」
右:「北米産超強力粉使用の山型イギリス食パン【EB】」


添えられたバターは上から「フランス産エシレバター」「自社牧場”美瑛ファーム”産バター」、「よつばバター」。
そのままでも食べたいし、ジャムもバターも付けて試したい……。
食べ方のバランスも問われるCセットです。
 (1618)

国産小麦「ゆめちから」「きたほなみ」使用【角食パン】

 (1625)

まずは北海道産の超強力小麦「ゆめちから」と中力小麦「きたほなみ」を独自ブレンドしたという角食パン。
3種類の中では最も色が白く、ソフトで艶やかな印象です。
お店おすすめの通り、焼かずに生で食べてみると、きめ細かな生地でふわふわな食感!
噛むと小麦の味がダイレクトに伝わります。
 (1626)

ちなみに、半分カットして軽くトーストしてみましたら……
これはこれでまた違ったおいしさ!!
カリッとした表面と、中の生地のふんわり感の対比がとても良く、甘みも先ほどより強く感じられました。

北米産強力粉使用【プルマンブレッド】

 (1629)

続いては真ん中、北米産強力粉使用【プルマンブレッド】。
説明用紙には、「焼いても生でもどちらでもおすすめ」との記載があります。

こちらはクラストまでやわらかで、しっとり感が一番強い気がします。
トーストしてみても、ふかふかな食感はそのまま。
子供から大人まで万人受けしそうな食パンという印象を受けました。

北米産”超”強力粉使用、山型【イギリス食パン】

 (1633)

最後は一番左にあったイギリス食パンを試食します。
「しっかりカリカリに焼くのがおすすめ」とのこと。

生地はちょっと黄色がかっており、あっさり軽い味わいです。
聞けばバゲット生地が2割ほど入っているとのこと。
カリッとするほどトーストしてみると、パンの甘さがぐっと引き立ち、ほくほくとした食感が楽しめました。

トーストして旨みが増すイギリス食パンは、バターとの相性もバツグンでした。
 (1635)

右奥から「Maison Francis Miot」のワイルドブルーベリー、オレンジ、ストロベリー
右手前はヘーゼルナッツクリーム、自家製ピーナツクリーム、アカシアはちみつ
Cセットでは、バターだけでなくジャムも6種類試せます。
一番のおすすめは、自家製ピーナツバター!
ふわっと軽い口当たりは、生の食パンにもトーストにもバッチリマッチします!
アカシアはちみつは、バターと合わせてトーストに乗せると、塩気と甘みが非常に良く合いました。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife