2016年9月9日 更新

Feel Aomori Vol.1 “青森の酒と食のイベント” 取材リポート

三方を海に囲まれ、美しく雄大な自然に恵まれた青森県。 本州最北端のこの土地が育んだ食や文化の魅力をもっと多くの人に知ってもらおう!と「Cookbook-Marche-クックブックマルシェ」では8月19日、都内にあるTsukiji Cookingで酒と食のイベントを開催しました!

330 view お気に入り 0

●酒と食のイベント その名も『Feel Aomori Vol.1』!

 (64)

青森じまんの日本酒や、青森県産の旬食材をいただける『日本酒+おつまみ料理教室』と、津軽の伝統音楽に酔いしれた大人のためのイベント。
今回はその様子をリポートしたいと思います!
 (65)

この日は開始時間の19時に合わせ、夕方から調理の準備を開始。
キッチンカウンターには、青森から届いた新鮮食材がずらりと並べられました!

もちろんおいしい地元のお米や日本酒もバッチリそろっています!
この食材たちがどう調理されていくのか、とっても楽しみですね♪

●青森の”食”担当は、料理家・なぎさなおこさん

今回スペシャルゲストとしてお呼びしたのは、各界で活躍されているプロの方々です。
お料理とともに青森の素晴らしさを教えてくださるのは、八戸市在住の料理家・なぎさなおこさん。
 (69)

なぎささんは、病気予防をコンセプトにした野菜中心の家庭料理を提供する「なぎさカフェ」オーナーシェフ。
その傍ら、食のコミュニケーションを重視した料理教室を開催したり、レシピ開発、プロデュース、食育講座を行ったりと、その活動は多岐に渡ります。

最近では料理本のアカデミー賞とも言われる「グルマン世界料理本大賞」で、ウーマンシェフ部門第2位を受賞するなど、海外でも支持されている人気の料理家さんです。

●青森ってどんなところ?

 (72)

料理のデモに移る前に、まずは青森について知識を深めます。
モニターを使い、なぎささんが青森の歴史や文化、観光名所などを説明してくださいました。

青森の良さを知り尽くすなぎささんの方言を交えたレクチャーは、とっても分かりやすく面白い♪
参加者のなかで、青森に行ったことがあるという方は半数ほどでしたが、お話の後は誰もが「青森を訪れてみたいな」と思うような、素敵なプレゼンでした。

●使用する新鮮野菜はすべて青森県産

 (74)

続いては、カウンターに並べられたみずみずしい野菜たちの説明を。
これらは青森の南部町達者村の農家さんや、蓬田村にある蓬田マルシェから届けられたものです。

まずは特産品のトマト5種類、「津軽の雫」「北の雅」「サマーセレブ」「よもぎたベビーベビー」「桃太郎ゴールド」。
ひと口にトマトと言っても、こんなに様々な品種があるんですね!
ヘタがピンとそり返っているのは新鮮な証拠♪
後ほど食べ比べでいただきます。
64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾