2016年9月23日 更新

『料理レシピ本大賞in Japan 2016』授賞式-大賞発表から懇親会まで後半戦リポート

『料理レシピ本大賞in Japan 2016』授賞式も入賞・ママ賞・準大賞の発表が終了、いよいよ料理・お菓子部門の大賞を残すのみとなりました!後半戦では大賞発表と、その後に行われました懇親会の様子をお伝えします♪

400 view お気に入り 0

●料理部門・大賞は人気レシピブログの書籍化「つくおき」!

 (373)

『料理レシピ本大賞in Japan 2016』、栄えある大賞に輝いたのは、現代人の味方のレシピ本「つくおき」(光文社)!

いわゆる料理のプロではなく、一般の共働き主婦であるnozomiさん。
自身が実践している”週末まとめて作って平日ラクに過ごせる”作り置きレシピをギュギュっと詰め込んだ本というだけでなく、同時進行でさまざまな種類の料理を作る時短のコツをタイムスケジュールにして一目でわかるようにまとめられています。
さらには掲載レシピに調理目安時間、保存期間、かかった金額の記載があり、普段はネット上でレシピを探す人も、この「つくおき」を購入して週末ごとに料理しているという人も多いようです。
光文社の編集ご担当(左)と、「つくおき」著者・nozo...

光文社の編集ご担当(左)と、「つくおき」著者・nozomiさん

受賞後、nozomiさんは「出版した当初は、こんなにたくさんの方に読んでいただける本になるとは思っていなかった。初版すら売り切れないんじゃないかと不安でした」と語ります。

でも、本書の最大の魅力は【平行しておかずを何品か作る時間や、保存日数などを簡潔に表している】という点。この分かりやすさはその後続々と出版される作り置きレシピ本の、ひとつの指標となったのではないでしょうか。

光文社の編集担当さんも、週末つくおきを実践している一人。
受賞後のあいさつで「nozomiさんのWebサイトを初めて見たときに”作り置きでいいんだ”と許されたような気がした」とコメントされていたのが印象的でした。

最後にnozomiさんは、「つくおき」をより良い本にするために尽力してくれた光文社のみなさんに感謝を示すとともに、普段から協力を惜しまない夫と、簡単だけどおいしい家庭料理の大切さを教えてくれた母に感謝したいと、あいさつを終えられました。

●熱気に包まれた受賞後の懇親会に潜入!

受賞後の懇親会もたくさんの人で大賑わい

受賞後の懇親会もたくさんの人で大賑わい

受賞式の興奮冷めやらぬなか、同じDNPビル上階で開催された懇親会。
今回こちらにも入らせていただき、潜入リポートを実施してきました!

受賞者、主催者、協賛者など各方面さまざまな関係者が多数参加・みなさん受賞の喜び、感謝、ねぎらいを嬉しそうに分かち合っています(^^)
懇親会会場に並べられた各受賞作品

懇親会会場に並べられた各受賞作品

料理といっても、切り口はさまざま。
ずらりと並べられた各受賞作品は、実際に手にとって中身を見ることができます。
別の出版社の作品を読んで感心する出版社の方や、これから受賞フェアを展開する書店さんの姿も。
大きな表紙のパネルも飾られていました

大きな表紙のパネルも飾られていました

●天野っちに贈られた、気になるル・クルーゼ「MOMIJI」のラインナップ!

ル・クルーゼ25周年記念作「MOMIJI」

ル・クルーゼ25周年記念作「MOMIJI」

ル・クルーゼ ジャポン 創立25周年を記念して作られた「MOMIJI」シリーズ。(9月21日発売)

どんぶりやアイスクーラースリーブ、モミジ型の箸置きなど、すべての商品には和モダンを感じさせるモミジがあしらわれています。
あでやかなモミジがあしらわれたココット・ロンド

あでやかなモミジがあしらわれたココット・ロンド

今回、天野っちに贈られたのは限定ボックス入りで販売される「シグニチャー・ココット・ロンド モミジ18cm」。
赤や黄色が映えるモミジの横には、”25th Anniversary”の刻印が。

普段からル・クルーゼを愛用しているという天野っちも「一番使いやすいサイズ」と嬉しそうでした♪
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾