2017年9月19日 更新

『料理レシピ本大賞in Japan 2017』実際のレシピの料理の味は?-後半戦・懇親会レポート

盛況のうちに幕を閉じた『料理レシピ本大賞in Japan 2017』授賞式。このあとは受賞された各レシピ本の中の料理を実際に試食できる懇親会がスタートしました。再現性バッチリのレシピ本料理17品、気になるその全貌も取材しています!

46 view お気に入り 0
試食の天野さん、小麦粉・砂糖・牛乳などは一切使っていないということで、まずは中身を確認。
「スポンジがちゃんとありますね。カスタードもまっしろなホイップもあるけれど、本当に使ってないの?」と半信半疑。

ですが一口食べてみると…「めちゃくちゃおいしいです~!!バターがないと出ないコクみたいなものもしっかり表現できているし、スポンジのクリームも分量とちょうど合う」と大絶賛。

そして「代わりに○○が入ってるの?」と白崎さんに材料を確認する天野さん。レシピ本を見るまでの魔法にしておいて、との回答に「冷蔵庫の中をのぞいてみたいですね」と笑顔で返されました。
 (1761)

こちらは一口サイズに取り分けてもらった「トライフル」と、同じく白崎さんのレシピ本に掲載されている「濃厚チョコケーキ」。
このほか「かんたんスノーボール」もテーブルに並びます。

ある果物で甘さを出し、クリームにもさまざまな工夫を凝らしている「トライフル」と、名前の通り濃厚で満足感がある「チョコケーキ」。
誰もが簡単においしく食べられるよう、細部にまでこだわりを見せている本レシピは、アレルギーのあるなしに関係なく楽しめるお菓子でした!

三陸昆布の旨さを実感!「海と畑のシャキシャキサラダ」

 (1768)

「三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80」からは「海と畑のシャキシャキサラダ」を試食。

細切りの昆布のほか、ツナやにんじん、大根などが入っており、まさに”海と畑”のおいしさのいいとこどりの一品です。
 (1766)

「食感がさまざまで、口のなかが非常に楽しいですね~」と、試食した天野さんも思わずこの笑顔♡

「キレイに細切りになっているからすごく食べやすい。噛めば噛むほど昆布のうまみがあふれ出てくる」
「昆布のうまみでマイルドな味わいになっており、ほどよい酸味も効いておいしい」と、おいしさが伝わるコメントを次々伝えてくださいました!
 (1769)

こちらはだし昆布ではなく、サラダなどそのまま料理に使える「細切り昆布」を使用しているとのこと。
これは便利ですね!

さっぱりとした味付けで、箸休めにぴったり!
本書ではこのほかに、三陸昆布やわかめを使った多彩なレシピが80種類掲載されています♪

ジャンル賞、入賞作品からもたくさんの料理が並びました!

 (1774)

左上から
●包丁の教科書-「秋刀魚の七味干し」
●あしたも、こはるびより。-「ミートパイ」、「パルミジャーノ・レッジャーノのチーズクラッカー」

左下
●三陸わかめと昆布-「どっさりわかめのごま油炒め」
●藤井恵さんの体にいいごはん献立-「豆腐と豚ひき肉のハンバーグ」
●小林カツ代の永久不滅レシピ101-「から揚げ」
 (1776)

左上から
●デリおき 毎日カンタン!作りおき洋風惣菜-「牛肉とズッキーニ、トマトのチーズ炒め」
●全部レンチン!やせるおかず作りおき-「鶏肉のトマトクリーム煮」、「サーモンのマリネ」

左下
●300万人に支持されたオレンジページnetのBESTおかず-「キーマカレー」
●僕が本当に好きな和食-「なすと桜えびの田舎煮」
●白崎茶会のあたらしいおやつ-「かんたんスノーボール」
全17品がたっぷりと用意され、盛りだくさんの内容となった懇親会。
そのおいしさに誰もが舌鼓を打ち、大盛況のうちに閉会となりました♪
 (1778)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾