2018年9月22日 更新

築地” 場外”市場の魅力をもっと知ろう! Kitchenlife×築地食のまちづくり協議会 特別講習会レポート

2018年10月11日、長年親しまれてきた築地市場がいよいよ豊洲新市場へ移転しますが、「築地場外市場」はこの地に残り各店は変わらず営業を続けます。そこで、「これを機会に”場外”の魅力をもっと知ってもらおう」と料理教室の先生方を対象にした特別講習会が、9月6日東京「Tsukiji Cooking Studio」で開催されました。世界文化遺産に認められた「和食」と「築地」の関係や築地場内外に店を構える仲卸青果さんからのお話など、現場で働くプロたちをお呼びしての機会です。今回はそのセミナーの様子をリポートいたします。

111 view お気に入り 0
 (2048)

和食文化を守るとは、いったいどういうことなのか?

鹿川さんは哲学者・和辻哲郎書の「風土」を引用し「文化とは私たちの生活そのものです。和食なら一汁三菜、食材、また調理の仕方や行事食など。普段から私たち日本人が親しんでいるこれらを大切にすることが保護につながります」と説明します。
 (2045)

築地では和食に使われる、ありとあらゆる素材が揃っています。
「人をもてなすため、四季を感じられる旬の食材を選び、打ち水をし、花を飾り、器にまで気を遣う。相手を思いやる細やかなしつらいが実現できる場所。築地は街そのものが文化遺産と言っていいのかもしれません。これはぜひ、未来に残したい日本の文化ではないでしょうか」。

場内市場移転後も場外は閉店する店舗はひとつもなく、10月以降も引き続き営業するとのこと。例えば一般客は朝9時からになりますが、料理教室の先生方は買出人の扱いになるため、朝6時頃から購入できるそうです。

鹿川さんは「料理教室の先生方はお仕事柄、新鮮な食材、珍しい食材を探す機会が多いと思います。生徒さんを連れてのお買い物ツアーを企画しても楽しんでいただけるのではないでしょうか。みなさん、ぜひこれからも築地に来てくださいね」とお話を締められました。

野菜のプロに聞く"ハーブ"の活用法

続いては、株式会社Freude 「築地米金」さんから、ハーブや野菜についてのお話をお聞きします。
 (2053)

築地で46年青果専門の仲卸を営む「築地米金」。場内ならびに場外「築地魚河岸」に店舗を構えています。(写真は築地魚河岸店)
 (2055)

ハーブをはじめ江戸東京野菜など、珍しい野菜も取り扱いは実に豊富。
 (2057)

「生産者の方々とお客さんとをつなぐ懸け橋になりたい」と対面販売を大切にされており、スタッフのみなさんは全員野菜ソムリエの有資格者。買い物の際、わからないことは何でも教えてもらえます。
 (2059)

社長の梶山利治さんはおもに場内店を担当されているほか、テレビ番組で外国人向けに日本野菜を紹介するなど、"野菜のプロ"としてさまざまな活動をされています。
69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife