2017年3月21日 更新

福岡和麦「ミナミノカオリ」で楽しくおいしいLabo体験!『日本全国!和麦cooking教室リレー』レッスンレポート

2月に開催された『日本全国!和麦cooking教室リレー』の主役は「ラー麦」で注目の福岡和麦!温暖な気候と肥沃な九州の大地が育んだ「ミナミノカオリ」を使い、楽しくておいしいレッスンを実施しました。見て・触って・味わえる、まさに”和麦Labo”な体験を詳しくレポートします!

41 view お気に入り 0
こんにちは、KitchenLife事務局です!

昨年9月から始まりました『日本全国!和麦cooking教室リレー』も今回で最後。
大トリを飾る和麦は、福岡県産「ミナミノカオリ」です。
 (1531)

今回は、福岡県の製粉会社「大陽製粉」開発部で日々和麦を研究されている佐藤紗里さんにお越しいただき、和麦アンバサダー杉山純子先生と一緒に和麦の違いを実感。
まさに”和麦Labo”な実験風景が見られました!
それではレッスンレポート、スタートです!!

小麦生産量第2位! 北海道に次ぐ和麦大国「福岡」

 (1501)

「国産小麦といえば北海道というイメージが強いかと思いますが、ここ福岡は全国生産量第2位の和麦大国なんですよ。みなさん知ってました?!」
と、佐藤さん。

パン作りに適したタンパク含有量の高い強力系小麦はもともと、北海道でしか収穫できなかったのですが、温暖な気候の九州でも強力系小麦が育てられるようにと、長年に渡り研究や開発が進められてきました。

恵まれた肥沃な大地、そして生産者の皆さんの努力の甲斐があり、福岡県でも強力系小麦の品種が育てられるようになりました。
 (1503)

そして、本日の主役の和麦は……『ミナミノカオリ』!!
スーパーなどでも最近よく目にするようになったタンパク含有量の高い小麦品種で、パンにするとふっくらもちもちの食感が楽しめると人気急上昇中の和麦なんです。

さらにこの「ミナミノカオリ」は、KitchenLifeでも注目している福岡県独自開発のラーメン専用小麦「ラー麦」の親品種でもあるんだそうです!

「ラー麦女子部」が麦踏み体験!?【糸島・ラー麦産地バスツアー】リポート - KitcthenLifeメディア

「ラー麦女子部」が麦踏み体験!?【糸島・ラー麦産地バスツアー】リポート - KitcthenLifeメディア
全国でも有数のラーメン処である福岡県。ここにはラーメン好き女子たちが集う「ラー麦女子部」なるものがあるそうで…?去る2月4日には、福岡独自開発によるラーメン専用小麦「ラー麦」について、もっと理解を深めるべく企画されたという野外活動「ラー麦産地バスツアー」を開催。面白そうなこの企画、KitchenLifeでもその様子を追ってみました!

「グルテン」を実感! 見て触って粉の違いを体験しよう

 (1509)

続いて佐藤さんは、「強力粉と薄力粉では、タンパク質の量が違うんですよ。小麦特有のタンパク質『グルテン』が生地に粘りと弾力を出します」と、小麦から抽出してボール状にまとめた『グルテン』を用意してくださいました。

「これは強力粉と薄力粉それぞれを水でこねた生地を、また水にさらしてデンプン質を落としながらこねたものですが、いかがですか?」と佐藤さん。

実際に触ってみると、強力粉と薄力粉では大きさが違うことを実感!
生徒さんたちからは「なま麩みたいな感触。もちもちして気持ちいい~」と歓声が上がります。
 (1499)

さらに、粉そのものを触り比べてみると、
「確かに、強力粉と薄力粉だと触った感じのさらさら感が違うね!」
と、生徒さん。
佐藤さんによると、小麦粒の硬さによっても挽いた時の細かさに違いが出るとのこと。
実際に見て触って違いを実感できた、貴重な体験となりました。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife