2017年4月4日 更新

苦くない&パンの香りがするお酒!? 和麦で作ったビール・焼酎をご紹介

「あの苦みがキライ……」ビールが苦手な人は口を揃えてこう言いますが、小麦で作ったビールは苦みが少なく、まろやかな味わいが特長なのだとか。しかも最近では国産小麦=和麦を使ったビールや麦焼酎といった珍しいお酒も販売されているんです。今回はお酒の席での話題作りにもなりそうな6種類をご紹介します。

27 view お気に入り 0
こんにちは、KitchenLife事務局です!
麦を使った飲み物と言えばやっぱり「ビール」ですよね。
ビールの原料は主に大麦がなのですが、最近では国産小麦を使ったクラフトビールや焼酎などが醸造されているんです。

そこで今回は、それぞれ特徴的な小麦ビール・小麦焼酎を6種類ご紹介したいと思います!

北海道和麦「ハルユタカ」を使用!飲みやすい【ヴァイツェン】

 (1547)

北海道江別市にあるSOCブルーイングでは、「ノースアイランドビール」というビールブランドを展開中。6種類のレギュラービールのうちのひとつ「ヴァイツェン」では、北海道和麦「ハルユタカ」が使用されています。

南ドイツの伝統的な製法で造られる「ヴァイツェン」は、使用している酵母によりナツメグやバニラを思わせる甘やかな香りが特長。
また、たんぱく質を多く含む小麦「ハルユタカ」を使用することにより、泡立ちが豊かでクリーミーな味わいが楽しめます。

詳細はこちらから!

小麦の味わいを感じるホワイトビール【江別小麦ビール】

 (1553)

こちらも江別産小麦の「ハルユタカ」を約30%使った、さわやかで飲みやすい上面醗酵ビールです。
ホップの使用量を抑えているため「苦味が少なく飲みやすい」とビールが苦手な方からも好評なのだとか。

ヴァイツェンならではのフルーティーな香りとほのかな小麦の酸味の味わいを楽しめるほか、醗酵後の酵母をろ過せずに残していることから、まろやかな旨みも感じられます。

詳細はこちらから!

 (1543)

愛媛県四国中央市にある酒造メーカー「梅錦山川」。
醸造酒「梅錦」の製造販売のほかに地ビール醸造も手掛けており、その本格的な味わいで主要ビアコンテストで毎年高い評価を受けています。

ジャパン・アジア・ビアカップで2年連続受賞を果たしている「ヴァイツェン」は、愛媛県産小麦を使用。
バナナを思わせるような甘みのある香りと、クセのない柔らかな飲み口、マイルドなおいしさは女性にも人気が高いそう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife