2016年9月23日 更新

『料理レシピ本大賞in Japan 2016』授賞式-熱気に包まれた会場を潜入リポート!-前半戦

9月15日(木)に東京都にある五反田DNPビルにて行われた『料理レシピ本大賞in Japan 2016』授賞式。今年は各出版社から料理・お菓子部門合わせて143アイテムものエントリーがあり、多彩な料理レシピ本が出そろうなかで、大賞以下15作品が発表となりました。今回は受賞式の様子と受賞者の喜びの声をお伝えしたいと思います。

519 view お気に入り 0

●『料理レシピ本大賞in Japan 2016』 大賞・ママ賞など各15作品が決定!!

 (268)

『料理レシピ本大賞in Japan 2016』、3回目の開催となる同賞の授賞式が、9月15日(木)に東京都内にある五反田DNPビルで行われました。

気になる大賞には料理部門「つくおき」が輝き、お菓子部門は「魔法のケーキ」、「まいにちおやつ」の2作品が受賞!
そしてCookbook-Marche(クックブックマルシェ)にてその選考結果に注目してきました料理部門新設のママ賞は「女ひとりの夜つまみ」が選ばれました!!
ほか、準大賞が2作品、入賞は9作品が決定、それぞれ魅力あふれる多彩な料理レシピ本が出揃いました。

今回は今年の授賞式の様子と、受賞されたみなさんの喜びの声をたっぷりお伝えしたいと思います!

●会場は特別協賛会社であるDNPビル

 (271)

会場となったのは、特別協賛会社である大日本印刷の「五反田DNPビル」。
大日本印刷は新設ママ賞の企画も行うなど、『料理レシピ本大賞in Japan』への多くの協賛をしています。

当日、17時からの授賞式を前に16:30には受付開始となりましたが、直後からたくさんの人が続々と会場に!
 (353)

聞けば今年は過去最多の来場人数なのだとか!
同賞の注目度の高さを実感(^^)

●いよいよ授賞式、開催です!!

 (274)

まずは加藤勤実行委員長(ブックスタマ社長)のあいさつから始まりました。

今年から協賛となったDNPへは会場の提供やママ賞新設に対する感謝の意を、同じく協賛のル・クルーゼ ジャポンへは賞品の提供に対するお礼の言葉を伝えられました。

そして、少ない人数で今日までの準備に奔走した事務局へもその働きをねぎらい、「日本の食文化・料理文化の世界に向けて発信するきっかけになれば」と締められました。
 (275)

DNPは1876年創業から140年にわたり出版文化に携わっており、時代の変化に合わせ近年では書店運営や通販、電子書籍を手掛けるなど、紙と電子のハイブリット事業を行っています。

さらには以前より食品パッケージ事業も行うなど、食文化とも深い関わりがある同社。
DNPの北島常務からは、「料理レシピ本大賞がますます盛り上がることで、日本の優れた食文化・出版文化をさらに発展させたい」とのお話がありました。

●表彰プレゼンターは「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん

 (279)

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾