2018年10月2日 更新

掲載料理の試食もあり!『料理レシピ本大賞in Japan 2018』授賞式レポート【後編】

受賞を果たした著者・担当者が壇上でスピーチする同賞。入賞者それぞれの想いを聴いた後は、【ジャンル賞】そして【料理】【お菓子】部門の大賞発表となります!掲載レシピの料理を実際に試食できる機会もあり。天野さんの食べた感想は⁉

258 view お気に入り 0
「読者の方からお声をたくさんいただきます」という白崎さん。卵や乳製品が食べられない、腸の病気で小麦粉が食べられないという方もおり、中には、” 生まれてから一度もケーキを食べたことがない”というお子さんもいます。

「そうした子が、ケーキを食べられるのがうれしくて、私のレシピ本を抱いて寝ているというお話をお聞きすると、手元で愛読され、繰り返し何度も作ってもらえるようなレシピ本をこれからも作り続けなければならないと身が引き締まります。だから私は、書店でちゃんと売れる本を作ることをあきらめない、こだわって作ることに勇気を持ちたいと思います」
 (2171)

レシピ本掲載の「へたシュークリーム」を試食した天野さんは、「これ本当に小麦粉も卵も使ってないんですか⁉実際に食べてもわからないくらいおいしい」と驚かれていました!

料理部門【大賞】

 (2175)

「立派な賞をいただけるとは正直思っていなかったのでとても驚いています」とお話された瀬尾幸子さん。
料理レシピ本大賞では2015年の「ラクうまごはんのコツ」(新星出版社)に続き2度目の大賞受賞です。
 (2177)

「味噌のすごいところは、どんな具でも、誰が作っても必ずおいしくできるところ」という瀬尾さん。

料理が苦手でも、よくお惣菜を買ってしまう方も、野菜不足解消になれば…とこの本を作ったそう。確かに瀬尾さんのみそ汁は具沢山でまさに”おかず“のよう。
ストレートでわかりやすいタイトルも、軽い雑談の中から生まれたとか。

また、「レシピ本飽和状態の時代ですが、著者・編集者が世間に伝えたいメッセージがあれば、こんなに楽しい本が作れるんだと感動しました」とコメントされていました。
 (2179)

レシピ本の中からふるまわれたみそ汁は「キャベツ、しいたけ、揚げ玉のみそ汁」。

壇上で試食した天野さんも、揚げ玉を入れるアイデアにはびっくり!「本当に具沢山で食感も楽しいし、旨みもバッチリ!何より揚げ玉がいい味を出してますね」と絶賛されていました。

東京ドームホテルのシェフが腕を振るう、レシピ本料理!

授賞式後の立食パーティーでは、東京ドームホテルのシェフたちが受賞レシピ本の料理を完全再現!
 (2184)

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾