2017年9月19日 更新

今年はより個性豊かな受賞ラインナップ!『料理レシピ本大賞 in Japan 2017』―前半戦・受賞式レポート

「誰もが作りやすく、日本の食文化に貢献できる」作品を決定する『料理レシピ本大賞 in Japan 2017』。4回目となる今年はジャンル賞の設立など新しい試みのもと、各出版社からエントリーされた163点から、栄えある各賞12タイトル・13点が発表となりました。クックブックマルシェでは9月12日に行われた受賞式や各レシピ本の料理がいただける懇親会の様子を徹底取材!前後編に分けて今年も徹底レポートいたします。

138 view お気に入り 0
 (1678)

東京ドームホテル、オーロラの間で開かれた『料理レシピ本大賞 in Japan 2017』授賞式。
料理部門は「世界一美味しい煮卵の作り方」、お菓子部門は「白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わないかんたんレシピ」が大賞に輝きました!

また今年は”チャレンジの年”と称し、料理部門に≪ジャンル賞≫として新たに4つの賞タイトルを設立。また料理部門入賞6作品、協賛のDNP社から特別に贈られる「DNP賞」など、合わせて13タイトルが発表され、昨年にもまして個性豊かな料理レシピ本が出揃いました。

前編となる今回は、選考基準や各タイトルの受賞の様子などをお伝えします!
 (1680)

この日は各出版社、書店、協賛会社、そして報道陣など、およそ150人もの人々が集まりました。
年々来場人数が増えており、今後ますます注目が高まりそうです!

第4回『料理レシピ本大賞 in Japan 2017』授賞式、開催です!!

 (1683)

開会の挨拶をつとめられたのは、実行委員長であるブックスタマ社長・加藤勤さん。
「おかげさまで第4回を迎えることができました」と各協賛会社への感謝の意、同賞スタッフへのねぎらいの言葉を述べられました。

新設となった≪ジャンル賞≫については、「第1回の時から絵本などの専門賞があるといいな」という話は出ていたそう。4回目にして実現となった経緯を感慨深い様子でお話しされていました。

また、授賞式のあとに毎回設けている懇親会では受賞作品のレシピ本の料理がいただけるのですが、今年は昨年よりもグッと多い17品を用意してくださっているとのこと!
「実際のレシピを直に味わえる機会、お時間のある方はぜひ懇親会も残ってお楽しみください」と締められました。
 (1686)

続いては昨年より協賛されている大日本印刷株式会社より、執行役員窪田さんがご挨拶され、「これからも大きく羽ばたいていける賞だと自信を持って今年も協賛させていただきました。賞を獲ったみなさんが今後さらに良い料理レシピ本作りができるよう、次に向けてがんばっていきましょう」とお話しされました。

本賞特別アンバサダーは、昨年に引き続き「キャイーン」天野ひろゆきさん!

 (1689)

おなじみの「キャ・イーン」のポーズで登場したのは、第1回から本賞の特別アンバサダーをつとめる天野ひろゆきさん。

プロ並みの料理の腕を持ち、レシピ本出版の経験もある天野さん。
「今年で4回目なので、レシピには感度が高くなっているのでは?」という質問には、「昨年は作りおきレシピ本が大賞を獲り、ほかにも朝ごはんに特化したもの、時短を考えたものなど個性豊かなラインナップが並んだことで、レシピ本の無限の可能性を感じました。」とコメント。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田窪 綾 田窪 綾