2017年3月7日 更新

和麦で地産地消!『和麦Labo×KitchenLife』使用品種のお知らせ♪

2016年9月から始まりました『和麦Labo×KitchenLife』タイアップレッスン。アンバサダーとなった先生は、国内で収穫されたそれぞれの小麦を使ってのレッスンを行います。そこで今回は使用する和麦の品種についてお知らせしたいと思います!

364 view お気に入り 0

【11月】 群馬県 黄金鶴(星野物産)

 (607)

これから始まる11月のタイアップレッスンでアンバサダーの藤野先生が使用するのは群馬和麦の『黄金鶏(こがねつる)』。
群馬をはじめとする北関東産の地粉を100%使った強力粉です。
活性グルテンなど添加物は一切使用せず、独自の特殊技術により小麦粉に含まれるタンパク質(グルテン)量を調整しています。
そのため風味が豊かでボリュームがあり、食べごたえたっぷりの生地を作ることができるのだそう。
家庭でも扱いやすい粉なので、レッスン後も楽しく作れそうですね♪

「和麦」で地産地消!特性を活かした小麦粉料理を楽しもう♪

Free photo: Ingredients, Butter, Cheese - Free Image on Pixabay - 1578688 (613)

12月以降の使用小麦についてはまた後日、お知らせしたいと思います♪

北海道だけでなく、日本国内さまざまな地域で作られている和麦は、それぞれ特性があり魅力たっぷり♡
私たちがパンやお菓子、お好み焼きなど普段の家庭料理にもその魅力をどんどん取り入れることで、
地産地消も叶うので、ぜひおいしい和麦料理をおうちでも作ってみませんか?
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife