2018年7月16日 更新

Panasonic×Kitchenlife Panasonicの調理家電を使った試食セミナーレポートVol.1

2018年7月、Panasonicの調理家電で実際に作った料理を食べながら、開発担当者と直接話ができる試食セミナーが行われました。家電大賞キッチン部門グランプリを獲得した「ロティサリーグリル&スモーク」など人気の4機種に実際に触れ、詳しい使い方が学べる機会。今回はそのセミナーの様子をレポートいたします。

147 view お気に入り 0
 (1907)

2018年7月、東京「Tsukiji Cooking Studio」で、料理教室を主宰する先生方を対象にした『Panasonicの調理家電を使った試食セミナー』が開催されました。

Panasonic調理家電で作った料理を食べながら、開発者の方たちと交流を持ち、ざっくばらんに意見を交わそうという今回の試食会。新作機種を実際に見て触れるまたとない機会のため、予定より多い30名超の先生方がご参加くださいました。

セミナー風景

 (1910)

この日登場したPanasonic調理家電は4機種。

左上:マニュアル機能で形も味もこだわりのパンが作れる「ホームベーカリー(SD-MDX100)」
右上:360°回転で柔らかジューシーなかたまり肉が楽しめる「ロティサリーグリル&スモーク(NB-RDX100)」
左下:低速回転で栄養豊富なコールドプレスジュースが作れる「低速ジューサー(MJ-L600)」
右下:豆の挽きからドリップ、ミルの洗浄まで「全自動」の「コーヒーメーカー(NC-A56)」
 (1912)

家電についてご説明くださったのは、Panasonicでマーケティングを担当する山田さんです。
 (1914)

ほか、実際に商品開発をされているPanasonicのご担当者も、今回のために滋賀から駆けつてくださいました。
 (1916)

こちらはロティサリーグリル&スモークで実際に作った料理の数々。
ローストビーフのほか、市販のチーズや築地市場で購入した鮭をスモークにしています。
 (1918)

お料理に合わせたワインもふるまわれたところで「乾杯!」
楽しい雰囲気で進められます。

充実のマニュアル機能+41種のオートメニューの最新型ホームベーカリー

 (1920)

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KitchenLife KitchenLife